USBメモリにコピーするには・保存するには

何通りかの方法がある。

単純明快なのは ドラック&ドロップ でコピーする

ドラック&ドロップ とは

対象ファイルをクリックでつかむ、つかんだまま移動、目的地で離す(ドロップ)

ドラックアンドドロップ
ドラックアンドドロップ

例)デスクトップにあるエクセルファイルをUSBメモリに保存する※コピーになる

1.USBメモリをPCに差す

※自動的に開くウインドウは閉じる、ポップアップも放置、無視する。(余計なお世話機能)

2.エクスプローラー起動
エクスプローラーでファイルを見る

3.こうする

エクスプローラーで見る
エクスプローラーは最大化しない。(他が隠れて見えなくなる)

4.あとは、応用力。 エクスプローラーを2個並べて出せば効率がいい。
例)ドキュメントの中を見るエクスプローラーとUSBメモリの中を見るエクスプローラー

複数エクスプローラを開く

 

ポイント

◆エクスプローラで見て、ファイルの場所を認識することが重要、ドキュメント、Onedriveなど。

◆ウインドウをいつも最大化で使う悪い癖をなくす。ウインドウを複数出せるからウインドウS





*正確な情報を記載するよう努めておりますが、その完全性・最新性・正確性について保証するものではありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください