SSDに交換するーパソコンが遅い・対策は

営業:月~曜日10:00~19:02  富山市発~ 持込もできます。日曜(予約で可)
pc119 On-site PC Repair & Support Service
https://pc119.toyama.jp

SSDに交換することで遅いパソコンが復活・速くなる

 今のWindowsはHDD*ハードディスクでは満足に動作しません-2019年ごろまでのパソコンです
Windowsの進化で仕事が増えてきたせいで、元は速かったのに今は遅くなってしまっています。

 CPUが i7 メモリが 16GB  HDDが1TB のパソコンでも今は遅いでしょう。高かったのに・・
逆に、CPUが 廉価なCeleron(セレロン)でもSSDにすれば速くなります!!

HDDが遅い理由

◆このPCはHDD?確認してみる

 ⇒ キーボードで Ctrl +Shift +Esc 同時押し "パフォーマンス" を見てわかる

HDDが100%

◆Windows Modules Installer Worker◆

 HDDのパフォーマンスがず―っと100%・反応が極端に悪い WindowsUpdateに悪戦苦闘。

Windows Modules Installer Worker

SSD換装/HDDからSSDへ引っ越し⇒遅いパソコンが蘇る

【朗報】今の環境がそのまま引っ越しできます。

 

今のまま速くなるだけ

 

>アプリケーションソフトも写真もメールも音楽も年賀状もプリンターもインターネットも全て!

 

作業は事前バックアップを含め5時間以上かかるため、預かり作業となります

 (重要! 動いている今だからできる チャンス)

パソコンが遅いとお嘆きの方 ハードディスクをSSDに替えることで蘇ります

 Windows10 2019年~2014年 あたりのモデルで ハードディスク(HDD)モデル

 買い替えなくてもいいんです。そのパソコンは速くなります。

 遅い原因は ハードディスク(HDD)を使っているから。これをSSD(ソリッドステートドライブ)に

【マイクロソフト2023動向
ー 起動ドライブ に HDD の代わりに SSD を採用するよう OEM に強制する動きが ー

これは、パフォーマンスの観点からは十分に理にかなっています。
SSD はハードディスクよりもオペレーティング システムで何倍も高速であるため、より迅速で応答性の高いユーザー エクスペリエンスを提供します。
多くの PC には、起動ドライブ用の SSD が既に搭載されており、写真やビデオなどの大きなファイル用に2台目の ハード ディスクドライブを使用するものもあります。

ただし、一部のローエンド モデルでは、依然としてハード ドライブを起動デバイスとして使用しています。TRENDFOCUS

今のデータ設定をそのままSSDに引っ越し

SSD換装

SSDの特徴

koreHDDのような機械的な部分がない → 速い、衝撃不問、軽い、無音、省電力


◆-- 遅い悩みは 一発解消 --◆

 速い!! データも写真もアプリもメールもプリンタもインターネットも全部そのまま引っ越し

SSD

HDDからSSDに換装しましょう、驚き!の速さです。耐衝撃に抜群。

SSDとは? HDDのような機械的な部分がない → 速い、衝撃不問、軽い、無音、省電力

HDDとSSDの特徴
HDDとSSDの特徴   アプライド「SSD換装サービス」

【SSD換装コース】SSDアップグレードサービス

 SSDの容量で決まります。 作業料+SSD代金

up 料金:\19,000(240GB) \22,500(480GB) \28,500(1TB)お得  税込み

その他容量も可能です。120GB 250GB 500GB 960GB
現在1TBのHDDから容量の小さい500GBのSSDにもできます。
現在より大きな例えば2TBのSSDにもできます。

【お勧め同時作業】

クリーン高速パック:\3,300 【お勧め】
 ⇒ 有害ソフト停止・駆除、常駐ソフト調整、システム最適化など 
メモリ容量アップ:\3,000~
 ⇒ 4GBメモリを8GB以上に増設 

【オプション】
外付け化◆元のHDDを外付けUSB-HDDにしてお渡し、
バックアップとして使えます \5,500


〇 作業時間:月曜お預かりで水曜お渡し(最短翌日) 。メールでお申込できます。