Aterme 中継機(converter)として設定するには


converter(CNV)

Aterm 中継器として設定する

 

  1. 電源抜く、物理スイッチをconverter(CNV)に。
  2. らくらくスタートボタン(WPSボタン)を押し続けながら、AC接続する。
  3. converterランプが緑点滅したら、らくらくスタートボタン(WPSボタン)を放す。CONVERTERランプが緑点滅すると、DHCPサーバ機能が起動する
  4. パソコンのWWWブラウザを起動して、設定
    IPアドレス:192.168.1.245
  5. 認証画面が表示されたら
    「ユーザー名」に admin
    「パスワード」に 管理者パスワードを入力し、[OK]をクリック。
    ※管理者パスワード未設定なら自分で決めて入力
  6. 接続先親機選択基本設定クリック
    Aterm子機、中継器設定
    →アクセスポイント検索・親機を探す。

    親機検索
    親機を選択する。

    暗号キー 入力

    設定ボタン

    親機にWi-Fi接続したあと、本機が再起動。
    再起動後、中継器として機能する。

  7. ポイント:SSIDは、接続した親機のSSIDを表示する

接続場所の違いで直接親機に接続の場合、中継器に接続する場合が起こる、どっちに接続しているか意識必要、場所移動したら一旦切断して、接続し直す。



NEC Aterm WG1800HP4 PA-WG1800HP4

【高速Wi-Fiはじめませんか?】
無線LANルーターが繋がりにくい、切れてしまうなど、買い替えをご検討している、光回線をご使用の方におすすめ!11ac対応、3×4アンテナ、有線ギガが特長で、スマホやタブレットに最適です!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください