福島の汚染水は非常に危険|フィッシング広告

Google 広告を利用したフィッシング

福島の処理水
汚染水は危険です。海に放出しているのは処理水ですよ、汚染水ではありません。

誤解を招くコンテンツまたは詐欺である
(虚偽の主張やオファー、なりすまし、フィッシング、クリックベイト、不正確な価格情報)

 

この広告を敢えてクリックしてみます

 

するとこのページに飛びます

マイクロソフトを騙るサポート詐欺ページ

パソコンのブロック
05055392762

ちなみにこれはページを閉じればいいだけ。詐欺ですから電話しないように。

原発の汚染水はどのように処理されますか?

環境省のページから

汚染水は「サリー」や「キュリオン」という装置に通されて、セシウムやストロンチウムが浄化処理されます。次に、淡水化装置を経て淡水が分離され、その淡水は原子炉の冷却水として使用されます。濃縮された水は、多核種除去設備によりトリチウム以外の62種類の放射性物質が規制基準を下回るまで浄化処理されます。多核種除去設備では、セシウム、ストロンチウム、ヨウ素、コバルトなどの放射性核種を、薬液によって沈殿処理したり、活性炭・吸着材で吸着したりして、浄化処理することができます。繰り返し多核種除去設備処理することによりほとんどの放射性物質は取り除かれますが、水素の放射性同位体である「トリチウム」は水分子の一部になって存在しているため、多核種除去設備等の処理で取り除くことができません。 多核種除去設備:ALPS

福島原発の処理水
from;環境省

トリチウムとは

from:経済産業省

トリチウムは水素の仲間(三重水素)で、日々自然に発生しているものです。
そのため、水道水や雨水、私たちの体の中にも含まれており、「自然界にも広く存在する放射性物質」です。

トリチウムが出す放射線のエネルギーは非常に弱く、紙1枚でさえぎることができます。

トリチウムは、世界中の多くの原子力施設から海に放出されていますが、施設周辺からは、トリチウムが原因とされる影響は見つかっていません。

*正確な情報を記載するよう努めておりますが、その完全性・最新性・正確性について保証するものではありません。

新生活セール・アマゾン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

外部送信プログラム名:Amazonアソシエイトプログラム-送信先の会社名:アマゾンジャパン合同会社、Rakuten -アソシエイトパートナーの利用目的:閲覧の傾向や履歴の分析のため、広告効果の分析のため-送信する情報の内容:閲覧した内容についての情報-送信先の利用目的:自社の広告宣伝を目的とした広告情報の掲載のため、ウェブサイトやアプリの監視のため。/ Google がCookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信しています。