本人確認のSMS送信先が固定電話で送れない|対処

マイクロソフトアカウントの登録時に固定電話を登録した

Microsoftアカウントという概念が登場した頃は電話音声でのセキュリティコード通知も存在し、これで本人確認ができた。が今は廃止されてSMSでのセキュリティコード送信だけになった。ケータイ番号が ”必需品” なった世の中。

機密性の高い情報にアクセスする時

本人確認が入る

通常は、メールにコードを送信するかSMSでコードを送信する選択肢がある。

SMS本人確認
SMSの選択肢しかない、固定電話にSMS・・・

 

他の連絡手段が登録されていないとこうなってしまう。
◆使えなくなったメールアドレスしかない場合も送れない受けれない・・・と同様に詰んでしまう

確認手段
その他確認手段

連絡用メールアドレスを今から登録する

すべての情報が不明 をクリック

 

すべての情報が不明
すべての情報が不明

追加するセキュリティ情報を選んでください

”連絡用メールアドレス”を選ぶ(電話番号はここでは選ばない→待機期間煩雑)

連絡用メールアドレス
連絡用メールアドレスが登録できる

今現在使えるメールアドレスを入力し、次へ

!携帯キャリアのメールは使えません @ezweb.ne.jp/ @docomo.ne.jp/ @i.softbank.jp など

例えばこのメールアドレスを使う

重要 ・受信できること ・メールパスワードが分かっていること

  • Androidならジーメール(@gmail.com) 、iPhoneなら アイクラウドメール(@icloud.com)をもっているはずです、これが使えます。
  • Yahooメール
  • インターネットプロパイダからもらったメールアドレス

そのメールにマイクロソフトから「Microsoftアカウントのセキュリティ情報」という件名のメールが届く

*正確な情報を記載するよう努めておりますが、その完全性・最新性・正確性について保証するものではありません。

新生活セール・アマゾン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

外部送信プログラム名:Amazonアソシエイトプログラム-送信先の会社名:アマゾンジャパン合同会社、Rakuten -アソシエイトパートナーの利用目的:閲覧の傾向や履歴の分析のため、広告効果の分析のため-送信する情報の内容:閲覧した内容についての情報-送信先の利用目的:自社の広告宣伝を目的とした広告情報の掲載のため、ウェブサイトやアプリの監視のため。/ Google がCookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信しています。