全国旅行支援-3回接種証明・陰性証明の廃止 4月27日

全国旅行支援を使うために今まで必要だった”ワクチン3回接種証明”or”陰性証明”がいらなくなった。5月8日~(5類感染症になってから)

観光庁・全国旅行支援の利用条件の変更

令 和 5 年 4 月 27 日
観 光 庁

ワクチン接種歴又は陰性の検査結果
の確認を不要とすること等としましたので、お知らせします。

全国旅行支援ワクチン・検査の廃止
(引き続き本人確認は必要です。)  報道発表資料PDF

新型コロナウイルス感染症が令和5年5月8日から5類感染症に位置づけられることが決定されたこと等を受け、全国旅行支援について、同日以降の旅行における利用条件を変更し、ワクチン接種歴又は陰性の検査結果の確認を不要とすること等としましたので、お知らせします。

今般、新型コロナウイルス感染症が令和5年5月8日から5類感染症に位置づけられることが決定され、これを受けて、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が廃止されることとなりました。
この基本的対処方針において、旅行等の活動に際してワクチンの接種歴や陰性の検査結果を確認することが推奨されていたことを踏まえて、全国旅行支援においてもワクチン接種歴又は陰性の検査結果を利用条件としてきましたが、上記基本的対処方針廃止を受け、5月8日より、この利用条件(ワクチン・検査)を不要とすることとします。(引き続き本人確認は必要です。)
また、これまで、「新しい旅のエチケット」による基本的な感染対策の呼びかけを行って参りましたが、新型コロナウイルス感染症が5類感染症に位置づけられ、個人及び事業者は自主的な感染対策に取り組むこととなるため、「新しい旅のエチケット」による呼びかけも終了致します。なお、「基本的な感染対策の考え方」をはじめとして、政府が発信する感染対策の情報につきましては、観光庁ホームページでも情報提供いたします。

 

*正確な情報を記載するよう努めておりますが、その完全性・最新性・正確性について保証するものではありません。

アウトレット・アマゾン

コメントを残す

外部送信プログラム名:Amazonアソシエイトプログラム-送信先の会社名:アマゾンジャパン合同会社、Rakuten -アソシエイトパートナーの利用目的:閲覧の傾向や履歴の分析のため、広告効果の分析のため-送信する情報の内容:閲覧した内容についての情報-送信先の利用目的:自社の広告宣伝を目的とした広告情報の掲載のため、ウェブサイトやアプリの監視のため。/ Google がCookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信しています。

Amazon プライム対象