ライセンスのない製品という表示|復旧Office

よくある認証していないofficeではない。

ライセンス認証はされているのに!ライセンスのない製品?

正規ユーザーとしてMSアカウントに紐付け済みで、アカウントを確認したら認証されている。摩訶不思議??

Office2019H&B

の上部に ”ライセンスのない製品” という表示が出る

ライセンスのない製品
アカウント確認でoffice2019で認証されているのに”ライセンスのない製品”と表示が出る。

これ以上操作できない。空白のBOOKは作れない。。

使えない状態・ライセンスの無い製品だからだろう。だが、ライセンス認証はされている??

サービスとサブスクリプションを確認する

マイクロソフトアカウント

購入済みの製品

MS/購入済みの製品
マイクロソフトアカウントで購入済みのOfficeを確認してみる。

アプリから一旦アンインストールして再インストールする

ダウンロード、インストール・・・

どうかなー

”ライセンスのない製品”

 ダメ だった。。

クイック実行でインストールした Office を手動で削除する

力技・レジストリも触ります。。

Office を手動でアンインストールする

手順 1: Windows インストーラー パッケージを削除する

[Office 16 インストール フォルダー] を検索します。通常は、C:\Program Files\ にあります。

[Microsoft Office 16] フォルダーを右クリックして、[削除] を選びます。

手順 2: Office のスケジュールされたタスクを削除する

管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

コマンド プロンプトに、次のコマンドを入力します。1 行ごとに Enter キーを押します。

schtasks.exe /delete /tn “\Microsoft\Office\Office Automatic Updates”

schtasks.exe /delete /tn “\Microsoft\Office\Office Subscription Maintenance”

schtasks.exe /delete /tn “\Microsoft\Office\Office ClickToRun Service Monitor”

schtasks.exe /delete /tn “\Microsoft\Office\OfficeTelemetryAgentLogOn2016”

schtasks.exe /delete /tn “\Microsoft\Office\OfficeTelemetryAgentFallBack2016”

手順 3: タスク マネージャーを使ってクイック実行のタスクを終了する

タスク マネージャーを開きます。

Windows 10:[スタート] を右クリックし、[タスクマネージャー] をクリックします。 (Windows ロゴ キーを押しながら X キーを押すキーボード ショートカットでも、アクセス メニューを開くことができます。)

Windows 8 または 8.1: 画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下方へ移動して、[検索] をクリックします。 検索ボックスに「タスク マネージャー」と入力して、検索結果に表示された [タスク マネージャー] をクリックします。

Windows 7: タスク バーの空白の部分を右クリックして、[タスク マネージャーの起動] をクリックします。

[プロセス] タブをクリックします。

次のプロセスが実行中の場合は、各プロセスを右クリックして、Windows 10 の場合は [タスクの終了]、Windows 8 または 8.1 の場合は [タスクの終了]、Windows 7 の場合は [プロセスの終了] をクリックします。

Officeclicktorun.exe

OfficeC2RClient.exe

appvshnotify.exe

setup*.exe

手順 4: Office サービスを削除する

管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウを開いて、次のコマンドを入力してから、Enter キーを押します。

sc delete Clicktorunsvc

手順 5: Office のファイルを削除する

Windows ロゴ キーを押しながら R キーを押して、[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。

[名前] ボックスに「%ProgramFiles%」と入力して、[OK] をクリックします。

“Microsoft Office 16” フォルダーを削除します。

“Microsoft Office” フォルダーを削除します。

[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開き、「%ProgramFiles(x86)%」と入力して、[OK] をクリックします。

“Microsoft Office” フォルダーを削除します。

[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開き、「%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared」と入力して、[OK] をクリックします。

“ClickToRun” フォルダーを削除します。

[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開き、「%ProgramData%\Microsoft」と入力して、[OK] をクリックします。

ClickToRun フォルダーを削除します。 このフォルダーがない場合は、次の手順に進みます。

[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開き、「%ProgramData%\Microsoft\Office」と入力して、[OK] をクリックします。

ClickToRunPackagerLocker ファイルを削除します。

注: フォルダーやファイルを削除できない場合は、それが開いているか、別のプログラムで使用されています。コンピューターを再起動してから、もう一度削除してみてください。 それでもフォルダーを削除できない場合は、次の手順に進みます。

手順 6: Office のレジストリ サブキーを削除する

重要: このセクションの手順は、慎重に操作してください。 レジストリを正しく変更しないと、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する前に、問題が発生した場合に備えて、復元できるようにレジストリをバックアップしてください。

レジストリ エディターを開きます。

Windows 10: [スタート] を右クリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。

Windows 8 または 8.1: [スタート] を右クリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。

Windows 7: [スタート] をクリックして、[プログラムとファイルの検索] ボックスに「ファイル名を指定して実行」と入力し、検索結果に表示された [ファイル名を指定して実行] をクリックします。

次のレジストリ サブキーを削除します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\AppVISV

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\Microsoft Office <エディション> – en-us

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office

次に、Office キーを削除します。

注: 3 番目のサブキーの “Microsoft Office <エディション>- en-us” は、実際のプログラム名を示します。 この名前は、インストールされている Office 2016 のエディションや言語によって異なります。

手順 7: スタート メニューのショートカットを削除する

管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

「explorer %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs」と入力して、Enter キーを押します。

“Microsoft Office 2016 Tools” フォルダーを削除します。

各 Office 2016 アプリケーションの各 “<アプリケーション> 2016″ ショートカットを削除します。 たとえば、”Word 2016″、”Excel 2016″、”PowerPoint 2016” を削除します。

手順 8: Office 16 クイック実行の Licensing Component、Extensibility Component、および Localization Component を削除する

管理者としてコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

コマンド プロンプトで、使用しているオペレーティング システムに対応したコマンドを入力し、Enter キーを押します。

x64 オペレーティング システムで x86 バージョンの Office 2016 を実行している場合:

MsiExec.exe /X{90160000-008F-0000-1000-0000000FF1CE}

MsiExec.exe /X{90160000-008C-0000-0000-0000000FF1CE}

MsiExec.exe /X{90160000-008C-0409-0000-0000000FF1CE}

x86 オペレーティング システムで x86 バージョンの Office 2016 を実行している場合:

MsiExec.exe /X{90160000-007E-0000-0000-0000000FF1CE}

MsiExec.exe /X{90160000-008C-0000-0000-0000000FF1CE}

MsiExec.exe /X{90160000-008C-0409-0000-0000000FF1CE}

x64 オペレーティング システムで x64 バージョンの Office 2016 を実行している場合:

MsiExec.exe /X{90160000-007E-0000-1000-0000000FF1CE}

MsiExec.exe /X{90160000-008C-0000-1000-0000000FF1CE}

MsiExec.exe /X{90160000-008C-0409-1000-0000000FF1CE}

Office2019をオフラインインストーラーでインストールする

オフラインを選択してDL

setup

・・・ 疲れた

どうかなー

 

”ライセンスのない製品”表示

出なくなった。やったー!

========== 続きます ===========


なんと、1時間ほど後にエクセル起動したら

”ライセンスのない製品”表示 がまた出ている・・・・ショック なんだこれ・

スケジュールされたタスクか

マイクロソフトに問い合わせると

マイクロソフトも認識していた現在調査中とのこと。2022.12.12現在

既知のトラブルなのでまずは一安心。同じ症状の人がたくさんいるらしい。。。


新薬を発見したOfficeライセンスのない製品”表示

 

Microsoft365をインストールし直せば直る。(直ったが正解、理屈はわからない)

 

ライセンス切れのMicrosoft365が関係しているようだ。

WindowsがなぜかMicrosoft365を検知しライセンスが切れていることに反応しているようだ。今回はAcsess2021の生きたライセンスがあることも関係しているかもしれない。

MSサーバーがおバカになっているのかも。

MS365に何か新しいものを付けた弊害なのかも知れないと推測してみた。

*正確な情報を記載するよう努めておりますが、その完全性・最新性・正確性について保証するものではありません。

新生活セール・アマゾン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

外部送信プログラム名:Amazonアソシエイトプログラム-送信先の会社名:アマゾンジャパン合同会社、Rakuten -アソシエイトパートナーの利用目的:閲覧の傾向や履歴の分析のため、広告効果の分析のため-送信する情報の内容:閲覧した内容についての情報-送信先の利用目的:自社の広告宣伝を目的とした広告情報の掲載のため、ウェブサイトやアプリの監視のため。/ Google がCookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信しています。