ネットワークプリンタ接続いろいろ|TCP/IP・WSDなど

Windows 8以降の場合、自動でWSDポートが設定されます。

プリンターメーカー製プリンタードライバーをインストールしないままWSDポートが設定されると、OS標準のドライバーが設定されます。その場合、別途メーカー製のプリンタードライバーをインストールすることをお勧めします。       from:エプソン

WSDプロトコル
WSDプロトコルとは

Standard TCP/IP

コンピューターに標準搭載されている通信プロトコルです。

サーバーやルーターのDHCP 機能によってプリンターのIP アドレスが変更されたら、プリンターのネットワーク設定を設定し直す必要があります

ルーターを越えた場所(別セグメント)にあるプリンターでも印刷できます。

[イベントビューアー]で印刷ログ(記録)を取得できます。

Bonjour(Mac OS Xのみ)

Mac OS Xで使われる通信プロトコルです。

サーバーやルーターのDHCP 機能によってプリンターのIP アドレスが変更されても、プリンターのネットワーク設定を設定し直す必要がありません

Bonjourでプリンターの追加をするには、以下のWebサイトにアクセスして製品型番を入力してください。サポートに進み、プリンターの追加手順に従って設定してください。

WSD(Windowsのみ)

WSD(Web Services on Devices)は、Windows Vista以降に標準搭載されている通信プロトコルです。

サーバーやルーターのDHCP 機能によってプリンターのIP アドレスが変更されても、プリンターのネットワーク設定を設定し直す必要がありません

ルーターを越えた場所(別セグメント)にあるプリンターでも印刷できます

ネットワークの種類

  • ハブやアクセスポイントなどの中継ポイントがあり、中継ポイントを介してプリンターと機器が通信するネットワーク・有線LAN・無線LAN(Wi-Fi)
  • 中継する機器を介さずにプリンターと機器が直接通信するネットワーク・Wi-Fi Direct シンプルAPモード・Wi-Fi Direct Wi-Fi Directモード

    ・無線LAN(Wi-Fi)アドホックモード

    Wi-Fi Direct

    Wi-Fiアライアンスが認定する無線通信規格(Wi-Fi)の1つで、アクセスポイントを介さずに機器同士を直接接続して通信する方法です。 プリンターまたは機器のどちらかがソフトウェア上でアクセスポイントとして機能します。無線LAN(Wi-Fi)と同じ機器構成になるので、同じセキュリティー方式が使えます。

    シンプルAPモード

    プリンターがアクセスポイントの役割をするモードですプリンターのネットワーク(SSID)に機器からセキュリティーキーを入力して接続します。一度設定すると継続的に使用できます。

    Wi-Fi Directモード

    Wi-Fi Direct対応機器同士を1対1で接続するモードです。プリンターと機器のどちらかがアクセスポイントの役割をします。セキュリティーキーの入力はありませんが、接続が切れると手動で接続し直す必要があります。

    Wi-Fi アドホックモード

    アクセスポイントを介さずにプリンターを直接無線で接続するモードです。Wi-Fi Directとは異なり、ソフトウェア上にもアクセスポイントがありません。

無線LAN(Wi-Fi)の注意

プリンターは2.4GHz帯のみに対応しています。

印刷ポートを確認する

設定⇒Bluetoothとデバイス⇒プリンターとスキャナー⇒該当プリンター⇒プリンターのプロパティ⇒ポート

同時接続が可能な組み合わせ

プリンタ接続・組み合わせ

スキャナー

スキャナーは、IPアドレスを直接指定して設定する。

 

*正確な情報を記載するよう努めておりますが、その完全性・最新性・正確性について保証するものではありません。

アウトレット・アマゾン

コメントを残す

外部送信プログラム名:Amazonアソシエイトプログラム-送信先の会社名:アマゾンジャパン合同会社、Rakuten -アソシエイトパートナーの利用目的:閲覧の傾向や履歴の分析のため、広告効果の分析のため-送信する情報の内容:閲覧した内容についての情報-送信先の利用目的:自社の広告宣伝を目的とした広告情報の掲載のため、ウェブサイトやアプリの監視のため。/ Google がCookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信しています。

Amazon プライム対象