このドライブに Windows をインストールすることはできません

MBRだ、GPTにしろ!ということ

既に使っていたハードディスクでしょ。ディスク情報(MBRだという情報)を消去すればいい。

 


新規にWindowsをインストールしている途中で ドライブ選択(パーティション選択)の場面、

ドライブ(パーティション)を選択したら ダメだと叱られる。

 

このドライブに Windows をインストールすることはできません

windowsをインストールすることができません。
windowsをインストールすることができません。



じゃあどのドライブだよ!

よーく読みましょう(詳しい情報の表示)

UEFIならGPT にしろ

なんのことでしょう?

 

1度使ったことがあるディスクと思われます、MBRで使っていたというのが多いです。

windows8.1からはUEFI&GPT windows7時代はBIOS&MBR主流。

 

言ってることが意味不明だと思います、

HDDの使い方の形式が違っているのです(これでも意味不明)

やるべきことは、この形式情報を消すことです。それで解決。

安くなったSSDに替えたほうがいいです。

HDDは消耗品です。

【概要】消し方

  1. Shift+F10 → コマンドプロンプト
  2. diskpart  を実行 → DISKPART>
  3. list disk を実行で対象ドライブを探す
  4. 対象ドライブが disk0 だった場合
    DISKPART>select  disk=0  実行 → ディスク0が選択されました
  5. DISKPART>clean 実行 → diskpartはディスクを正常にクリーンな状態にしました。形式情報が消される。(MBRという情報が消される)

【具体的手順】

Shift+F10 を押すとコマンドプロンプト画面が出ます。

X:\Sources>

この後に diskpart と入力しenter

DISKPART>

この後に list disk  と入力しenter

接続されているディスクの数だけ(下の場合は2台)

disk 0 オンライン 476GB 0B

disk 1 オンライン 931GB 0B

などと表示されます

容量などからWindowsをインストールするディスクを選択します。(例disk 0の場合)

DISKPART> select  disk=0   と入力しenter

ディスク0が選択されました。 と出ます

これからdisk0に対して処理を行います。

処理:形式情報を消す

DISKPART>

この後に clean  と入力しenter

diskpartはディスクを正常にクリーンな状態にしました。

過去が清算されたのです!

これでこのディスクにwindowsをインストールすることができるようになりました。

DISKPART>exit と入力しenter コマンドプロンプトが閉じます。

インストールを再開しましょう。


2件のコメント

  • 無事にできました。ありがとうございました。

  • インストール途中でもShift+F10で
    コマンドプロンプトを出せるという
    情報が役に立ちました。
    ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください