Windows7 遂にサポート終了 Win10へアップグレード


終了とは何か?

サポート終了とは

Windowsの賞味期限
各Windowsの賞味期限(おいしく頂ける期間)

マイクロソフトがメンテナンス(お世話)をやめる、しなくなるということ。

新たな不具合が見つかっても手をかけない、放置するということ。

そんな古いものにいつまでもコストをかけられるか、もうやらないということ。

 

サポート終了のWindowsだから、

人手をかけません!。各メーカーも荷が下ろせるようになる 無敵の言葉。

 

最後には、

サポート終了 OS (Windows) だから

の一言で全てが門前払いで片づけられます。

 

だれも相手にしてくれなくなります、むしろ迷惑がられ、嫌がられます。
(マニアックな人は身を犠牲にして、財力がある企業、団体は対価を払い解決します)

 

セキュリティー的にどうこうは、直ちには影響ないでしょう。(過剰な不安無用、放射線漏れと同じ)

取引相手に(終了OS使用が)ばれる前に 言い訳を用意しておくことが必要です、しかも論理的な・・できるかは別。対外的なパフォーマンス的なところがむしろ重要になります、実際。2020年1月14日 がその日です。

Windows10のシェアがトップに(2019.2)

OSシェア
NetMarketShare.com



じゃあ、どうすればいいの!手遅れにならないために

Windows10にアップグレードする(現行OS) Ver1809は一時停止→再開 注意:Vistaは現状を全て消すことになる。

  1. Windows10 (ソフトウェア) を購入
  2. 大事なものをUSBメモリなりHDDなりにコピー(万が一に備える)
  3. setUp実行、完了を待つ(アップグレードは基本今の環境、データ維持できます)

オンラインでダウンロード、すぐ買えます(プロダクトキーを買う)
(箱をわざわざ買ってくるまでもない、箱の中身はUSBメモリ)
Point:マイクロソフトアカウント

Windows10
ダウンロード版(マイクロソフトストア)
Windows10
箱でほしい人はこれ(Amazon)
Windows 10 Pro windows10 Microsoft Windows 10 Home April 2018 Update適用 32bit/64bit 日本語版|パッケージ版

◆Win8.1やwin7なら、アップグレードができる。

開始するには、Windows 10 をインストールするためのライセンスが必要です。その後、メディア作成ツールをダウンロードして実行することができます。→ Windows10ダウンロード

新しいOffice(Excel、Word、PowerPoint、Outlook)

◆ついでに、エクセル、ワード、パワーポイント、アウトルック、アクセスまでついてインストール台数が無制限になったOffice 365 solo (1年更新)も。 2018.10.2~

Microsoft Office 365 Solo (最新 1年更新版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限

関連:officeお待ちくださいが終わらないofficeをアンインストールしてしまった

◆買い切り版


慣れです。早い段階で慣れましょう、先延ばししても脳が劣化しています。

(手順がわかる解説動画&どこでも読める電子書籍付)世界一やさしいウィンドウズ 10 最新版 (インプレスムック)

あと、windows8.1 の人もアップグレードをお勧めします、なかったことにされた不遇のOSです。Windows10に軸足は行ってしまっています、なにかと不便になります。

知ってました?Windows10でもサポート終了している!

Windows10は年2回バージョンが新しくなっています。大体、春と秋です。

2015年7月に出た初期バージョン1507は既にサポート終了しています

2015年11月に出たバージョン1511は・・・サポート終了しています

2016年7月バージョン1607・・・サポート終了

2017年3月バージョン1703・・・サポート終了

現在サポートされているのは 2017年9月バージョン1709(2019 年 4 月 9 日サポート終了)2018年3月バージョン1803、2018年9月バージョン1809、2019年3月バージョン1903(2019年5月末リリース)だけです。
最新版のWindows10 ver1809 1903は7 8代目Windows10ということで、言ってみればWindows16 17なのです。
次の春にはWindows17に、秋にはWindows18に・・・・ずっと続きます。で、古いものはサポート終了となります。

じゃあどうすればいいの!?

電源を入れないくらいなら切るな、スリープにしてインターネット接続しておけ(常時接続環境の場合)

深夜に勝手に目を覚ましてパソコン自身で更新、アップデートをはじめます。

長期間インターネットに接続しないと更新、アップデートがたまる一方で古いままになります。
知らないうちにサポート終了のwindows10になってしまいます。アップデートは頻繁にあります、最低毎月第2水曜日の月例アップデート、それ以外にも必要に応じて出ています。windows10はインターネットにつながっていることが大前提のつくりなのです。ホームページを見るためにインターネットにつなぐのではなく、windows10を維持管理するためにインターネット接続環境が必要なのです、必然的に通信データも大量になります、だから光環境等の高速環境が必要になってくるのです。

バージョンの確認 :設定 → システム → バージョン情報 の下の方を見る

winver




pc119-toyama

パソコン119の中の人代表。

4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です