SMB1無効|NASにアクセスできなくなった時は

SMB 1.0が関係する不具合

NASにアクセスできなくなった

LinkStation(バッファロー) とか LAN DISK(アイオーデータ)とか

 

LAN型-HDDファイルサーバー 比較的古いNAS

共有の通信の規格にSMBというものがある。バージョンも1.0 2.0 3.0 とか新しくなっていく。

古いNASは古い規格で動いている、SMB 1.0。(SMB1.0/CIFSファイル共有)

SMB 1.0には脆弱性がある

猛威を振るったランサムウェア「WannaCry」ワナクライ2017年5月はこの脆弱性を使っている。

Windows10はSMB1.0を無効にする

・一定期間SMB1.0が使用されないと無効にする機能があるらしい(脆弱性回避のため)

SMB 1.0無効

古いNASの対策例

例えばアイオーデータはこう言っています。 IO-data

SMB1.0脅威
SMB1.0は現在のセキュリティ脅威に対して万全ではありません

NAS、脅威に対して万全にするには

古いNASは廃棄、今時の新しいNASに買い替える(SMB1.0など使っていない)

 

古いネットワーク複合機もSMB1.0を使っています、で通信できない問題

新しいものをリースする。

 




1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください