Macがアップルシリコンになる Apple Siliconとは


CPUがintelではなくなる

CPU(MPU)が PowerPC から intel になって次になるのが Apple Silicon 正確にはMacのアップル製SoC。

CPUメーカーが IBM連合 → intel(x86) → Apple(ARM) ということ。(アーキテクチャ)

・SoC(System on a Chip)エスオーシー
1個のチップにcpuもグラフィックもIOもモデムも全部乗せにしてしまう。

iPhone用SoC:A12とか iPad用SoC:A12Xとか
 

アップルのMac用SoC M1

M1
M1 アップルのSoC Apple Silicon

いいことはあるの?

・iPone や iPad のアプリが完全に使える。(ソフト開発負担軽減)

悪いことは?

・悪いというわけでもないが、Boot CampでWindowsを起動することは不可能。

・修理・・・無理、交換。

 

intelMacインテルマックも継続して発売はされる。

M1での従来のintelアプリケーションは?

Rosetta 2を搭載。これによって、既存のアプリケーションが自動的にM1搭載のMacでも動作するようになる。(macOS Big Sur)

M1搭載のMacはこれ

M1チップを搭載した新型の「MacBook Air」「Mac mini」「MacBook Pro」が発表されました。11月17日発売

amazonに出た Amazonにはいつ出るかな




コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください