dynabook |D41 D51 D61 D71 D81等のカバーツメはずし


東芝 dynabook、REGZA-PC 一体型

メモリ増設、交換などのために裏カバーをはずす必要がある。

ねじ止めではなく、ツメだけで固定されている。

ねじ止め工数、材料費をカットするよう圧力をかけられたのだろう、

若い設計者なのだろうか?

ムダにガッチリ強固にツメを全周、中央に配置している。

まず、素人には外せない、メンテナンスの人も苦労するだろう。

 

取扱い説明では下記のように簡単に書いてある。

はずれないだろーー
注意しようが何しようが外れない、構造的にムリ、経験の乏しい浅い設計。

問題点

  1. イラストのツメは現品と位置、数が違う。(どの辺にあるか大事なのに)
  2. イラストでは隠れている上側の構造強度が極めて貧弱、折ってしまうだろう。
  3. これの内部には更に全面を覆ったボディがある、ただの化粧板に過剰なツメ?

 

 

では、どうやってはずすか 一体型カバー

 

 

 をよくする。・・・・・・・以上

 

スタンド両サイドの4か所のツメが外せない、長い何かを差し込むのはキズの代償。

 

本題です。コツがありました。

スタンド両サイドの4か所のツメの攻略法

右サイド を攻めろ  左はスルーしろ、右を攻略すれば左は落とせる。

 

●詳細写真

 

D41 D51 D61 D71 D81 D513 D713 D614 D714 D834 など。

 



 


pc119-toyama

パソコン119の中の人代表。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です