偽McAfeeの警告を出すPushails.com|偽マカフィー

Windowsの 通知領域に出る 騙りマカフィー、嘘マカフィーのことです。

騙りマカフィー
騙りマカフィーの例 PCは危険にさらされています

ブラウザーに宿るタイプ、ブラウザーの通知機能を使う・偽マカフィー

McAfeeの名を騙りウイルス感染していると脅し詐欺る。

ウイルスではない。

駆除方法

ブラウザーの通知機能から削除する。

chromeの場合

設定 ⇒ プライバシートセキュリティ ⇒ サイトの設定

当該URLのデータをクリアする。

Pushails
Pushails.comのデータをクリアする。

原 因

音楽録音系の無料オンラインサービスやソフトをインストールした場合が多い。

youtubeを録画したいなら

偽マカフィーを通知領域に出すのは多数ある、Pushails.comだけではない。
解らないのなら、
見覚えのないURL、知らないURLを削除すればいい、通知がなくなるだけだ。必要なら再度通知登録すればいい、応用能力の問題。

Edgeなら

Cookieとサイトのアクセス許可

通知設定
許可されているサイトの通知がされる。Edgeを使うメリットは疑問、chrome推奨。




1件のコメント

  • 全然役に立たなかったぞ!!!このインチキが!!
    言うたそばからまた広告が出て来たぞ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください