ポータブルSSDの選び方・コネクタ破損・スピード

外付けUSB-SSD 速いものが欲しいなら・Gen2

USB3.1とかUSB3.2とかあるが見るべきところはその後ろ

Gen1 とか Gen2  速いのはGen2 (ジェネレーション2)

USB規格は紛らわしい

”呼称” が変わる!・・ヤメテ。

USB 3.0は2008年にリリース

  • USB 3.0とUSB 3.1 Gen1は同じ
  • USB 3.1 Gen1とUSB 3.1 Gen2の違いは速度のみ
    Gen 1:最大速度5Gビット/秒
    Gen 2:最大速度10Gビット/秒

2017年にUSB 3.2が登場

更に紛らわしく4バージョンある
USB3.2USB3.2でも遅いものがある。USB3.2 Gen1x1 は、ただのUSB3.0

 

破損させやすい USB3.0-マイクロB

usb3microb
USB3.0のmicroB

構造的に強度が出ない、簡単に破損させられる。

危険なHDD基板-USB3.0マイクロBコネクタ直付けタイプ

コンパクトにするためHDD制御基板にUSB3.0マイクロBコネクタメスを直付けしたHDDがある。(SATAコネクタではない)

結果、HDD制御基板側が破損する⇒HDD自体の深刻なダメージになる。(データ復旧高額)

マイクロBコネクタ直付け
HDD制御基板にUSB3.0マイクロBコネクタが直付け

対策品コネクタ破損(対策品の存在は破損が少なくないということでしょう)

USB3.0マイクロB直付け 破損対策だが・・・

そもそも、今さら衝撃に弱いHDDをポータブルするのか?数TBも持ち歩くの?  恐・怖…

 

同じ構造のSSD もある。これは、Gen1です。マイクロB です。ただの旧称USB3.0です。

安くなって速い衝撃心配無用でTypeC Gen2対応のポータブルSSDがいい。

 

クルーシャル →メモリとストレージの専門メーカー (中身もクルーシャル



*正確な情報を記載するよう努めておりますが、その完全性・最新性・正確性について保証するものではありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください