ウイルスと脅威の防止は、組織によって管理されます。


Windows Defender

が無効になっている。

 

対処

0.Ver1903の場合は、事前準備が必要

「ウイルスと脅威の防止の設定」にある「設定の管理」

「改ざん防止」のスイッチボタンを「オフ」に→ 無視。

 

1.レジストリチェック

HLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows Defender

defender-disa

DisableAntiSpyware の名前があるか

で、値のデータが “1” になって無効化されていないか確認。

あったら、DisableAntiSpyware を削除。

regedit終了。

再起動。

動確。ただこの場合は、完全に無効になっていて、アイコンも出ないはず。

2.なぜ無効化されたのか調査

・ウイルスチェック

・他セキュリティソフトの残骸、誤動作 各ソフト削除ツールで削除で入れ直し。
※完全削除できない場合、再度インストールしてアンインストール。

3.DisableAntiSpyware がない

・他セキュリティソフトの誤動作 各ソフト削除ツールで削除で入れ直し。
完全削除できない場合、再度インストールしてアンインストール。

・インプレイスアップグレード。MSアカウント、本人確認入る。




コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください