らくらくスタートはWPSとは違う。


子機・押す ⇒ 親機・押す//離す → 待つ/ ⇒ 押す/オレンジ点灯/離す → 待つ緑点灯 完了。

正確には、らくらく無線スタートは、

NEC独自のらくらく無線スタートと、Wi-Fiアライアンスによって策定されたWPSの両機能を持つ

WPSができた背景

無線接続は、SSIDを選択して暗号キーを入れて・・・など一般ユーザーにはハードルが高かった、
そこで、各メーカーが独自に自動接続をするシステムを作った。

代表例として

バッファローの AOSS AOSS
NECの らくらく無線スタート らくらく無線スタート

と、各社が各様に作り出してしまって互換性のない複数のシステムができることになった。
この事態を重く見たWi-Fiアライアンスが策定したのがこのWPSである。正統な世界規格。
※Wi-Fiアライアンスとは: 無線LAN製品の普及促進を図ることを目的とした業界団体


【らくらく無線スタートで接続するには】

1.まず、子機待機状態にする

  PCの場合:らくらく無線スタートEXをインストールする(面倒くさい)⇒実行

    らくらく無線スタートEX

子機側がらくらく無線スタートに対応した機器の場合:ボタン押す。

2.親機らくらくスタートボタンをするまで長押し

  緑(ネゴシエーション開始)したら指を離す

  緑オレンジ(ネゴシエーション成功)になるのを待つ(数十秒)

  オレンジになった

  もう一度オレンジ点灯になるまで押し続ける

  オレンジ点灯になったら指を離す

オレンジ点灯(約10秒)(接続完了)になったあと、点灯に変わります。

 

これが らくらく?暗号キーを入力する方が楽。
ほぼ使ったことない

感覚的にできない、覚えていないとできない。

 

【WPSで接続するには】

1.まず、子機待機状態にする

PCの場合:SSIDを選ぶ
”ルーターのボタンを押して接続することができます”の文言出る

子機側がWPSに対応した機器の場合:ボタン押す。

2.親機らくらくスタートボタンをするまで長押し

  緑(ネゴシエーション開始)したら指を離す

しばらくすると

  オレンジ点灯(約10秒)(接続完了)になったあと、点灯に変わります。

【まとめ】

長押し離す待つオレンジ点灯点灯

 

WPSでいいじゃん!

子機がらくらく無線スタートに対応していなかったら、自動的にWPSで接続するらしい。

 

やっぱり WPSでいいじゃん

なぜ、らくらく無線スタート を残す!?

AOSSとがまんくらべ。

バッファローも同様、AOSS/WPSな感じです。

LAN端子用 無線子機設定ツール

 

Wi-FiアライアンスWPS1本で池。




コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください