ぷらら メール|古くからのユーザーはSSLが使えない


仕様が2種類あるぷららメール、旧仕様と現仕様

近年はメール送受信がSSL暗号化が主流。



SSLとはSecure Sockets Layerの略で、送受信しているデータを暗号化する通信です。

SSL/TLSと表記されることが多い

SSLとTLSの違いは?

SSLとTLSは表記が異なるだけ、機能は同じ。SSLは3.0までバージョンアップを重ねた後、TLS1.0という名称に変更されました
SSLの名称がまだ一般に広く認知されているため、SSL/TLSと併記されることも多いです

ぷらら のメール仕様比較 – 2009年8月が分かれ目

ぷららでSSLメールを使えるようにするには、webメール内で ”SSLを利用する” に設定変更が必要

現仕様でないとSSLが使えない。
旧仕様のままだと、WEBメール設定画面が違う旧仕様なのでSSL項目がそもそもない

今のOutlookに代表されるようにメーラーの標準設定はSSL使用が当然のようになっている。

メール設定ができない ぷらら → SSLを使えるようにする

  • ここ数年の内に ぷらら を使いだした人⇒ 現仕様なのでwebメールで設定変更
  • 永くぷららを使っている人⇒ 移行(現仕様へ)、その後webメールで設定変更

⇒ SSLを使えるように、まずは移行(現仕様へ)しなければいけません。

ぷららSSL
ぷらら SSLを使えるようにする。

 複数のパソコンやiPadなどタブレットにメール設定する場合の注意

同時アクセスで受信できなくなるから注意

POPかIMAPかどちらで設定するか、利用状況を考慮することが必要

同時アクセス
注意 ぷららメールサーバー

メーラーはPOPからIMAPへ移行はできない、IMAPで新たに作る、その後POP停止する。

ぷらら解約でぷららライトのメール

旧仕様になります、つまりSSLは使えない。旧POPだけでしか受信できない。

 → ぷららライトとは 解約または休止した場合の無料コースでメール受信だけできる。

ちゃんとしたメールだけ使いたい
ぷららのメールアドレスだけを引き続きご利用になりたい方は、月額基本料220円(税込)※の「ぷらコミ0」がある。




1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください