ぷららのメール設定 直球2019版

追加 2009年8月より前からのぷららユーザーはココから

→ ぷらら メール|古くからのユーザーはSSLが使えない


書き直しました。

Outlook2016 以降は自動設定が邪魔してすんなり設定できない。

自動設定とはメールアドレスを入れて接続ボタンをクリックして進める設定方法

サーバー情報などをOutlookが自動収集して設定完了する。

だが、Outlookの自動設定は、SSLの使用=暗号化通信の有効 がデフォルトとなっているため

SSLがデフォルトで無効になっているぷららのメールは失敗して設定できない。

同様に、SSL導入していないプロパイダのメールは同理由で設定できないことになる

対 処

  • ぷららの自分のページへ行ってSSLの使用=暗号化通信を有効化にする。または
  • SSL無効のままにして、手動設定→詳細設定で進め、一旦失敗させてから再度詳細設定する。

1. 手動設定 ”自分で自分のアカウントを手動で設定”を選ぶ(チェック入れる)


●直球● SSLを使わないPOPでの設定=古典的な今まで通りの設定方法

  ずーと前からぷららのメールを使っている場合 追加:メール仕様が旧仕様のため 2009年8月以前

アカウントは@の左だけ|サーバーは@の右側そのまま|ポート: 受信110/送信587 |SSLなし の設定でOK。

Outlookでは一度アカウントにメールアドレスを入れて、失敗させてから@含む右側を消して再度 詳細設定から設定する。




2.SSLを使う場合の前準備(SSLを使わない場合は 上の●直球●方法でする)

1.ぷららの自分のページにログインする

2.メール → 設定 → IMAP/SSL → 送受信経路SSL化:利用する

3.ログアウト

SSLを利用するに。初期値はなっていない

3. Outlook2016(2019も)の設定は自動設定で完了できる

メールアドレスを入力して 接続 をクリック そのまま進める。

参考値

POPサーバー(受信サーバー) secure.plala.or.jp ポート995 SSL使用有効

SMTPサーバー(送信サーバー) secure.plala.or.jp ポート465 SSL使用有効

POPではなくIMAPで設定する場合は

自分のページで IMAP 利用するを選択。Outlook設定時、IMAPで設定を進める。

 

IMAPサーバー(受信サーバー) imap.plala.or.jp ポート993 SSL使用有効

SMTPサーバー(送信サーバー) secure.plala.or.jp ポート465 SSL使用有効

 

POP(ポップ)とは? =POP3

大昔からの普通のメール。

IMAP(アイマップ)とは? =IMAP4

あとからできた仕組み。端末に取り込まないので複数の端末で見れる。メール自体はサーバーにずっと存在する、それを端末で見に行くだけ、取り込まない。


2件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください