ぷららのメール設定 OutlookエラーはSSL

plalaメール設定

追加 2009年8月より前からのぷららユーザーはココから

→ ぷらら メール|古くからのユーザーはSSLが使えない


書き直しました。暗号化メールとして使いましょう。送受信経路の暗号化(SSL)

【概要ぷららメール設定】

1.暗号化メールを使えるように ぷららWebメール内 設定変更必要(SSL有効化)。

※非暗号化にしたい場合は、最下部補足にて説明。

2.メールソフトに暗号化されたメール用の設定値を書き込む。(自動設定可)

 

Outlook2016 以降は自動設定が邪魔してすんなり設定できない。

自動設定とはメールアドレスを入れて接続ボタンをクリックして進める設定方法。サーバー情報などをOutlookが自動収集して設定完了する。

だが、Outlookの自動設定は、暗号化メールが前提となっているため
暗号化がデフォルトで無効になっているぷららのメールは失敗して設定できない。 

手動で暗号化なしでもできるが、もうお勧めはしません
(世の中は、”メールは当然暗号化メールですよね” となっている)

※ThanderBirdでは、非暗号化で設定できてしまうから注意

【具体的手順】

  • ぷららの自分のページへ行ってSSLの使用=暗号化通信を有効化にする。

1.ぷららの自分のページにログインする または ぷららwebメールにログインする

2.メール(これがWebメール) → 設定 → IMAP/SSL → 送受信経路SSL化:利用する

【IMAP/SSL設定 項目がない】
古くからのユーザーでメールが旧仕様です。 移行手続き

3.設定」 または「登録」 をクリック  ログアウト

※今現在は、IMAPも利用するにしないと保存できないかも、両方利用するで対処。

SSLを利用するに。初期値はなっていない

3. Outlook2016(2019も)の設定は自動設定で完了できる

メールアドレスを入力して 接続 をクリック そのまま進める。POPでいい。

【設定値】手動でする場合など

◆POPサーバー(受信サーバー) secure.plala.or.jp ポート995 SSL使用有効

◆SMTPサーバー(送信サーバー) secure.plala.or.jp ポート465 SSL使用有効

◆アカウント(ユーザー名): メールアドレス

POPではなくIMAPで設定する場合は

Webメール設定内で IMAP 利用するを選択。Outlook設定時、IMAPで設定を進める。

【設定値】手動でする場合など

◆IMAPサーバー(受信サーバー) imap.plala.or.jp ポート993 SSL使用有効

◆SMTPサーバー(送信サーバー) secure.plala.or.jp ポート465 SSL使用有効

◆アカウント(ユーザー名): メールアドレス

POP(ポップ)とは? =POP3

大昔からの普通のメール。パソコンにメールを取り込む、サーバーにたまらない。

IMAP(アイマップ)とは? =IMAP4

あとからできた仕組み。端末に取り込まないので複数の端末で見れる。メール自体はサーバーにずっと存在する、それを端末で見に行くだけ、取り込まない。


【補足】

 SSLを使わないPOPでの設定=古典的な今まで通りの設定方法

  ずーと前からぷららのメールを使っている場合 追加:メール仕様が旧仕様のため 2009年8月以前

アカウントは@の左だけ|サーバーは@の右側そのまま|ポート: 受信110/送信587 |SSLなし の設定でOK。

Outlookでは一度アカウントにメールアドレスを入れて、失敗させてから@含む右側を消して再度 詳細設定から設定する。



*正確な情報を記載するよう努めておりますが、その完全性・最新性・正確性について保証するものではありません。

2件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください